応援メッセージ

ママからママ

フリーライター・鈴木亜希さんに、仕事を通じて出会った「子育て中に聞けてよかった、言葉たち」を紹介いただきました!【第1回】~”理想の子育て”って?~

フリーライター・鈴木亜希さんに、仕事を通じて出会った「子育て中に聞けてよかった、言葉たち」を紹介いただきました!【第1回】~”理想の子育て”って?~

鈴木さんは、「たまごクラブ」などメジャー雑誌をはじめ、書籍やwebなどの記事を担当するフリーライターとしてご活躍中。浜松では女性起業家向けのライティング講座の講師もなさっています。

そんな鈴木さんが、仕事(取材)を通じて出会った様々なヒトとモノ。その中から、「子育て中に聞けてよかった!」というものをお伺いしましたので、4回に分けてご紹介します。時に取材中、じーんとして涙することもあったという鈴木さん。子育て真っ最中のON-MOママに、是非そのエピソードをシェアしてください!

===============================

★プロフィール
住まい: 浜松市南区
家族構成:夫・子ども2人(14歳男の子、10歳女の子)2016年2月現在
活動内容:フリーライター
活動時間:平日、休日ともに不定期

===============================

★インタビュー

- 現在のお仕事・活動の内容を教えて下さい

フリーランスでライターをしています。現在は「たまごクラブ」などの雑誌を始め、書籍やwebなどで記事を書いています。また、子ども向け学習机メーカー「(株)キシル」のコピーライティング全般も担当。

そのほかに「浜松市子育て情報サイトぴっぴ」の原稿校正、女性起業家向け「ライティング講座」の講師なども行っています。


- 仕事を始めた「きっかけ」は?

都内で女性誌の編集をしていましたが、結婚が決まって会社を辞めました。この先、仕事や暮らしをどうしていこうかなぁと考えつつ、とりあえず手に取ったのは結婚式を控えた女子が必ず読む「ゼクシィ」(笑)。

ページをめくっていたところ「ライター募集」の文字を発見し、編集部へ売り込みに行ってみました。これがフリーとして仕事を始めたきっかけです。はじめは小さな情報ページを担当し、その後はウエディングドレスの特集や花嫁メイクの連載ページなどを作るようになりました。


- 仕事中に印象に残ったことは?

文章を書く仕事ってクリエイティブに思われがちですが、ライターは何かを「生み出す」仕事ではなく「取材した人(やもの)の思いを読み手につたえ、心にしみ込ませる」ことだと私は思っています。取材前に下調べを念入りにしたうえで、当日の気持ちはフラットに。なるべくまっさらな気持ちで話を聞くよう心がけています。

と言いつつすぐに感動してしまう私は(笑)、取材中に心を射抜かれドキッとしたり、ふとした一言にジーンときて思わず涙をこぼしてしまったり……。そんな印象的な言葉たちにいくつも出合ってきました。そのうちのいくつかをご紹介したいと思います。


-「子育て中に、聞けてよかった!言葉たち」その①

子育て支援の取材にて。あるセンターの女性館長さんが語った言葉です。


▽▽
私にもね、理想の子育てっていうの、あったわよ。
夕食はみんなで揃って、あったかいご飯を食べたり、
こざっぱりしたお部屋でインテリアを楽しんだり……。
でもね、現実からはほど遠い。まったく、だめだなぁって悩んだこともあったわよ。

   
だけどさぁ、理想なんて言ってたらきりがないじゃない。
   
だから、自分のできる範囲で”理想”を目指すのよ。
   
”できる範囲”だから、できたところまでで100点満点!
△△



・・・お話を聞いたのは息子が5歳、娘が1歳のときでした。ほかのママがみんな完璧に子育てしているように見えていた頃です。「みんなすごいなぁ」と思っては、自分のバタバタな暮らしに落ち込む日々でした。

「鈴木さんだって、ご飯作ってるじゃない、お風呂沸かしてるじゃない。それで100点満点なのよ!」と言われたときのすがすがしさ、いまでも鮮明に覚えています。

“ラクして100点が取れる”ってなんてすばらしいの! 今でも心の支えになっています。

(鈴木さんのお話は、続きます・・・♪) 
※ページ下方にリンクがございます

フリーライター・鈴木亜希さんに、仕事を通じて出会った「子育て中に聞けてよかった、言葉たち」を紹介いただきました!【第1回】~”理想の子育て”って?~
フリーライター・鈴木亜希さんに、仕事を通じて出会った「子育て中に聞けてよかった、言葉たち」を紹介いただきました!【第1回】~”理想の子育て”って?~

ー自分のできる範囲で”理想”を目指す・・・!!!それなら”できる範囲”だから、できたところまでの「今」の状態で100点満点が貰えるんですね!大人だって、落第点より百点の方が、絶対に嬉しいですよね^^

子どもが小さく、外に出てリアルな話をする機会が少ないと、ネットや雑誌に登場するママの輝きっぷりと自分に落差がありすぎてへこんだり・・・な経験、誰にでもありますよね。

鈴木さん、続きを早く聞かせてください!

~鈴木さんの応援メッセージを、4回に分けて、お届けします。【第2回】は下のリンクからどうぞ~

関連リンク

続きの【第2回】はこちら http://on-mo.jp/message/more/26
【第3回】はこちら http://on-mo.jp/message/more/28
【第4回】はこちら http://on-mo.jp/message/more/27

PR・おすすめ