応援メッセージ

ママからママ

働くママの強いみかた!「浜松市の学童保育を考える会」の村田亜希子さんにお話をうかがいました

働くママの強いみかた!「浜松市の学童保育を考える会」の村田亜希子さんにお話をうかがいました

4歳、4ヶ月ふたりのママでありながら精力的に活動をしている村田さん。

先日のON-MOのイベントでも赤ちゃんを連れてお手伝いに来てくださいました。
社会とつながりを持ちたいON-MOママへ、メッセージをお願いします!

=====================

★プロフィール
住まい: 浜松市東区
家族構成:夫・子供2人(4歳女の子、4ヶ月女の子)11月現在
活動内容:浜松市の学童保育を考える会運営、企画
活動時間:1日2時間程度(育休中現在)

=====================

★インタビュー
- 現在のお仕事・活動の内容を教えて下さい

普段は会社員をしています。現在(2015年11月時点)は、第二子の育休中です。
第二子妊娠前に個人的に調査活動を始めました。産後正式に「浜松市の学童保育を考える会」を設立、団体運営と、働く母親向けの情報発信をしています。

行政や議員、NPOから、浜松市の学童保育の情報を収集したり、独自調査をしたりして、保護者の方々にブログやイベントなどを通してお伝えしています。



- 活動を始めようと思った「きっかけ」は?

長女が保育園に入園後、同じクラスのお母さんから「お兄ちゃん、学童保育に入れなかった!」と話を聞きました。保活に苦労した私にとって、保育園は入れたのに、学童保育に入れないという事実は衝撃的でした。
他のお母さんたちにも聞いてみたのですが、あまり良い話はなく、ますます不安に。このままだと両立は息詰まる…と思い、活動を始めました。

活動を始めた当初は、「自分が知りたい」という思いでした。でも進めるうちに、学童保育に関する情報がないために「小1の壁」をとても不安に感じているお母さんや、子どもが小学生になってから事実を知って戸惑う先輩お母さんの存在を知りました。

そこで、私が集めた情報や、不安にならないための準備を、働くお母さんや、これから働こうと考えるお母さんに発信することにも力を入れようと決めました。



- 活動中、子どもはどうしているの?

打ち合わせなど、外出時はほとんど一緒に連れて行ってます。普段は会社勤務で仕事を見せてはあげられないので、社会活動の場面は、なるべく子どもに見せたいと思っています。
ただし、休日に開催するイベントのときは、主人にお願いしています。



- 子どものことで困ったことは? どのように対応したの?

平日の調査や情報まとめ、事務処理などは、子どもの前ではしません。一緒にいるときは、子どもと過ごすと決めています。打ち合わせ同伴のときには、団体のメンバーが合間合間に遊んでくれるため、本人も楽しんでいるようで、サポートがとてもありがたいです。



- 家族から協力を得る「コツ」を教えてください。

毎日感謝の気持ちを伝えています。社会活動で、収入を得ている仕事とは別なので、活動への想いを理解してもらえるよう、コミュニケーションをとるようにしています。活動内容を主人に伝えたり、客観的な意見をもらえるように相談したりしています。また家族に負担がかからない方法を、日々模索しています。



- 実際に活動を始めてみて、「今の気持ち」は?

仕事とは全く分野の違うことをしているので、手法にしても、人脈にしてもゼロスタートでした。とにかく試行錯誤しながら活動していますが、応援してくださる方に恵まれ、本当にありがたく、日々感謝の連続です。

娘たちが大人になったとき、仕事も子育ても楽しみ、自分で生き方を選べるような社会になっていたら良いなぁと夢見ています。

=====================



★応援メッセージ!

- 他の子育てママに「応援メッセージ」をお願いします。

今働いている方も、これから働きたい方も、いずれ子どもの小学校進学を迎えますよね。
「小1の壁」を乗り越え、子どもの成長ステージを家族と共に喜び、今以上に充実感をもって仕事と子育ての両立に臨めるように、一緒に備えていきませんか?
その一歩は、現状を知ること、情報を持つことだと思います。

会では、普段はブログでの情報発信をしています。そして年に数回、説明会イベントも開催していきます。(直近では、2016年1月31日に開催します。詳細はブログをご覧ください。)
ぜひ、子育ても仕事も精一杯自分らしく向き合えるよう、一緒に進んでいきましょう。

働くママの強いみかた!「浜松市の学童保育を考える会」の村田亜希子さんにお話をうかがいました
働くママの強いみかた!「浜松市の学童保育を考える会」の村田亜希子さんにお話をうかがいました

村田さんの両立ママにやさしい社会をつくる活動、賛同するママも多いのではないでしょうか。
ON-MOプロジェクトも応援させていただきます。ありがとうございました★

関連リンク

浜松市の学童保育を考える会ブログ http://gakudohamamatsu.hamazo.tv

PR・おすすめ