応援メッセージ

ママからママ

英語で中小企業の海外展開を支援する小粥おさ美さん。

英語で中小企業の海外展開を支援する小粥おさ美さん。

本日お会いしたのはエイグローブ株式会社の女性経営者、小粥おさ美さん。
私たち株式会社NOKIOOが入居するベンチャー企業向け施設・浜松イノベーションキューブに最近新たに入居した、いわゆる「ご近所さん」です。

どんな方だろうとドキドキしながら部屋に入ると、パーッと明るい満面の笑みで迎えてくれました。
あいさつしただけで、前向きで親しみある雰囲気が伝わり、緊張も吹き飛びます。

エイグローブさんは、英語を中心としたグローバル人材を企業に紹介・派遣するビジネスを展開しています。
「エイグローブ」の社名は「aGLOBE」とつづるのですが、「ひとつの地球」を意味し、「国境に関係なく、人のつながりやビジネスが広がるノーボーダーな世界を実現したい」という小粥さんの想いが込められているそうです。
※グローブと聞いて野球のグローブを真っ先に連想する恥ずかしい私…。

自然とこれまでの経緯や起業の理由が知りたくなり、いろいろ聞いてしまいました。

23歳でオーストラリアの大学へ留学し、大学院進学、現地で就職しキャリアを重ねた小粥さん。
「留学が私の人生を変えてくれた」という思いから、同じような留学志望者を支援する事業を始めたのが起業のスタートだったそうです。
同時に製造業の多い浜松で、ビジネス英語と製造業の専門用語の英訳スキルを磨き、海外展開する企業の通訳・営業サポートで独自性を発揮。
こうして英語ができる人材ネットワークと、グローバル人材を求める企業ネットワークが蓄積され、現在のグローバル人材紹介・派遣事業を展開するに至ったとのこと。
特に「優秀なグローバル人材の獲得や、海外営業のノウハウに乏しい中小企業の海外展開を支援したい」と力強く語ってくれました。

グローバルとは縁遠い私でさえ、小粥さんのビジネスが時代や企業のニーズにマッチしていると強く感じます。
何よりもまず、海外展開をもくろむ私たちNOKIOOが小粥さんの力をお借りしたい。
「海外展開するなら、現地の日本人マーケットだけ相手にしていてはダメ」
「現地に行き、現地向けのビジネスを展開する企業が5年後も伸びている」
…経験に裏打ちされた言葉は重みがあります。

そんな小粥さんもON-MO的ママ!
(ON-MO的ママ=仕事に前向きな子育てママ)
4歳の娘さんがいると聞き、ぐぐっと親近感アップ。我が家と一緒ではないですか。
ON-MOプロジェクトの話をすると、大いに共感してくれ、大変うれしく思いました。

ちなみに今日一番のビックリネタは、昨夏、小粥さんは3歳の娘さん&旦那さまを日本に残し、単身ハーバード大にビジネス留学したとのこと!!

ワオ!です。この行動力と、向上心が小粥さんの言葉や雰囲気を作っているんだなあと、改めて実感しました。
英語のできない私と超グローバル人・小粥さんですが、意気投合し、お互いの話をし合っているうちに、あっという間に1時間半。
一緒に仕事ができそうなアイディアも2つ3つ生まれ、なんだか面白いことになりそうです。
私の保育園へのお迎え時間も迫ったため、「ご近所同士、ちょくちょく話しをしよう」と約束して本日は終了。

小粥さん、ありがとうございます。
とても充実した時間でした。


≪小粥さんの情報≫

エイグローブ株式会社
代表取締役 小粥おさ美
ogai@susume-jp.com

・企業へのグローバル人材紹介や派遣を展開
・グローバル人材になりたい方向けのセミナーや勉強会を開催
・ビジネス英語レッスンや、留学ノウハウなど、講師としても活躍中

本社:静岡県磐田市新貝2014-1
浜松拠点:静岡県浜松市中区和地山3-1-7 浜松イノベーションキューブ 201

関連リンク

PR・おすすめ