ON-MOプロジェクト

「ON-MOプロジェクト」
終了と今後のお知らせ

平素は、ON-MOプロジェクトをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
2013年より子育て女性の社会参画支援プロジェクトとして実施してきました「ON-MOプロジェクト」につきまして、プロジェクト開始時からの社会情勢や女性のニーズ変化を鑑み、2021年3月31日をもって終了することとなりました。
サービス開始から多くのお客様のご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

サービス終了
2021年3月31日(水)

◆ ON-MOプロジェクトの取り組みと変化

子育て期女性が社会とのつながりを感じることのできるイベントや、「学ぶ」「働く」といったテーマについて考える機会の創出、就労支援や地域企業とのマッチング、会員同士の交流の場の提供などリアルイベントを中心に活動し、これまでに300回を超えるイベントやセミナーを開催しました。

ON-MOプロジェクトの立ち上げより7年超が経過する中で、「女性活躍推進法」という政策に代表される社会の流れもあり、女性自身の子育て観・キャリア観・就業観なども大きな変化を遂げてきました。ON-MOプロジェクトへの参加者も、出産後も仕事を継続する女性が増え、女性が出産後に抱えるキャリア課題が大きく変わりつつあることを感じてきています。また日常生活へのオンラインの浸透により、学び方・つながり方の多様性が増し、取り組みテーマが2013年にプロジェクトを組成した際から変化をしたことと、キャリア・学び・仕事が地域に限定されない様相となってきています。
こうした状況を鑑み、ON-MOプロジェクトは当初掲げたビジョンを達成し、今後はまた異なるコンセプトの取り組みが必要であると判断し、プロジェクトの終了を迎えることとなりました。

◆ ON-MOプロジェクト代表・小田木ご挨拶

事業の形は変わりますが、私たちが「女性がいきいき生きる社会の実現」に尽力したい「ON-MO」立ち上げ当初の想いは、現在も「育休スクラ」や「法人研修サービス」へと拡がり続けております。
7,000名のON-MO会員の皆様には、長きにわたりON-MOをご愛顧いただき、また応援を賜りましたことを心より感謝申し上げます。
弊社社員一同、多くの方へより良いサービスをお届けできるよう進化を続けてまいりますので、末永くお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

今後の取り組みについて

多くの女性が組織に属しながら「働く・生きる」を実現する状況において、組織で働く女性を対象とした人材育成や、彼女たちを含む人・組織が真のダイバーシティー&インクルージョンを実現させることが重要だと考えます。運営会社の株式会社NOKIOOではこうしたことから、これまでON-MOプロジェクト・NOKIOOの活動を通じて得てきたノウハウ、ナレッジを活かし、キャリア教育サービス、組織開発支援サービスを展開していきます。